• オウンドメディア「アウンノオンライン」

カテゴリー

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
休業日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
休業日
 

トップ > オーディオ(種類別) > ホームシアタースピーカー > ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B)
メーカー/ブランド別 > ONKYO > ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B)
e home+(個人向商品) > ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B)

ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B) ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B) ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B) ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B)
ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B) ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B) ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B) ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B)
拡大画像

ホームシアターシステム 2.1chシネマパッケージ ONKYO オンキョー BASE-V60(B)

商品コード : BASE-V60(B)
製造元 : ONKYO
価格 : 47,658円 (税込51,470円)
※3〜7営業日で出荷(在庫のある場合)
※送料無料(沖縄県・離島は3000円)
数量
 

送料無料

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

機能

小さな本格派。単品コンポクオリティをコンパクトに凝縮した2.1chシネマパッケージ

テレビもBDも音楽もこれ1台。4K映像への対応のほか、最新のサラウンドフォーマットDolby Atmos®とDTS:XTMにアップデート対応の安心設計*。
本格フルサイズAVレシーバーの技術をテレビラックに収納しやすいスリムサイズに凝縮したネットワークAVレシーバーと、ピュアオーディオ用フロントスピーカー、コンセント不要で設置しやすい重低音再生専用サブウーファーをセット。オンキヨー独自のサラウンド技術で自然な音の広がりを演出し、左右2つのスピーカーとサブウーファーのみとは思えない音の空間を創り出します。

*ファームウェアは当社サポートページをご覧ください。またアップデート後にDolby Atmosを楽しむにはトップスピーカーもしくはドルビー・イネーブルド・スピーカーの接続が必要です。

商品の特長
  • ・高効率、ハイパワーを両立したClass Dアンプ採用
    ・オンキヨーカスタムコンデンサーの使用など高音質パーツの選定
    ・最新のサラウンドフォーマットDolby Atmos、DTS:Xにアップデート対応※1
    ・付属の測定用マイクで自動スピーカー設定可能なAccuEQ搭載
    ・80KHzまで再生可能なハイクオリティコンパクトスピーカー
    ・AERO ACOUSTIC DRIVE採用で力強い重低音再生を実現するサブウーファー
    ・HDMI端子入力4/出力1系統装備(HDCP2.2準拠)
    ・Ultra HDブルーレイで採用されたHDR、BT.2020
    ・DSD(5.6MHz/2.8MHz)、WAV・FLAC・Apple Lossless・AIFF(192kHz/24bit)ハイレゾ対応
    ・混信の少ないデュアルバンドWi-Fi(5.6GHz/2.4GHz)
    ・Bluetooth®無線技術搭載で対応スマホの音源をワイヤレス再生
    ・radiko.jpやTuneInなどインターネットラジオ対応
    ・AirPlay対応
    ・DTS Play-fi対応※2
    ・Chromecast対応※2
    ・スマートフォンをリモコンとして使える専用アプリOnkyo Controller対応
    ・HDMI接続された主要メーカーTVの付属リモコンで本機のボリューム調整などが操作可能なRIHD対応
    ・アナログプレーヤーが接続できるPHONO端子(MMカートリッジ対応)
    ・フロントスピーカーだけでサラウンド再生が可能なバーチャルサラウンド機能Theater-Dimensional
    ・小音量再生時でも聴き取りやすいよう音量幅を調整するレイトナイト機能(ドルビーデジタル、ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrueHD時のみ)
    ・圧縮音源をよりよい音で楽しむミュージックオプティマイザー
    ・映画音声を家庭での再生に合わせて補正するシネマフィルター機能
    ・音声と映像のズレを補正する、A/Vシンクコントロール機能

    ※1:ファームウェアのアップデートは当社サポートページでご確認ください。またアップデート後にDolby Atmosを楽しむにはトップスピーカーもしくはドルビー・イネーブルド・スピーカーの接続が必要です。
    ※2:アップデート対応になります。

    <付属品>
    BASE-V60(B):リモコン(RC-934R)、測定用マイク、スピーカーケーブル(3m)×3、コルクスペーサー×12、フロントスピーカー用壁掛け金具一式×2、FMアンテナ


  • ●ワンランク上の音質を手に入れるリビングシネマパッケージ
    せっかくの大画面テレビも、しっかりとしたサウンドを奏でられるオーディオシステムがないと、映像の迫力に音が負けてしまいます。 一方で、マンションなど大音量で再生することは難しいため、シネマサウンドを諦めている方もいるでしょう。 オンキヨーのリビングシネマパッケージはピュアオーディオや高級AVアンプで培われてきた各種技術を活かし、大音量再生時のパワフルなサウンドはもちろん、夜中や小音量時の再生でもしっかりしたサラウンドを感じることができます。
    ONKYOホームシアター

  • ●バーチャルサラウンド機能「Theater-Dimensionalモード」搭載、2chで本格シアターサウンド
    スピーカー左右の時間差や音量差などから高度なデジタル信号処理を行い、2本のスピーカーだけで 包み込まれるような5.1chサラウンドの世界が広がる、独自開発「Theater-Dimensionalモード」を搭載。

    Theater-Dimensionalはスピーカーからの直接音を重視するアルゴリズムを採用しているため、壁などからの 反射音に依存するバーチャルサラウンド技術に比べ、部屋の形状や壁面素材の影響を受けにくく、より効果的な サラウンド音声を鑑賞できます。 人間の聴覚というシンプルな原点を基に、卓越した技術力と高性能なDSP計算によりサラウンド空間を生成します。

    Theater-Dimensionalは品質の高いバーチャルサラウンド処理技術としてドルビー社、DTS社の認可を取得 しています。
    ONKYOホームシアター

  • ●小さな本格派
    音質を左右するフロントスピーカーは、質の高いサウンドを再生できる本格単品オーディオ仕様です。 高音を再生するツイーターユニットは、人間の可聴帯域上限とされる20kHzを大幅に超える80kHz近くまで 再生できるため、音の空気感や楽器の倍音成分といった微小な成分まで引き出し、クリアかつ伸びやかなサウンド お楽しみいただけます。
    また量感豊かな低音再生を可能にする自社開発のN-OMF振動板を採用した、低域再生用ウーファーユニットを搭載。 キャビネットも適度な固さでムラのない密度を持つMDF材を使用。コンパクトなサイズにピュアオーディオの技術が 息づいています。
    ONKYOホームシアター

  • ●パンチの効いた重低音
    力強い低音を再生するためには、空気をしっかりと大きく振動させなければなりません。そのため16cmという 大型スピーカーユニットを搭載。さらに振動板には「より硬く・軽く・固有音が少ない」という振動板の理想形を 追求して設計されたオンキヨー独自のOMF振動板を採用。大容量キャビネットと、幾度もの試行錯誤により 割り出した縦横比の矩形ダクトによるAEROACOUSTIC DRIVE(エアロ・アコースティック・ドライブ)により 45Hzという低域まで再生することができます。
    ONKYOホームシアター

  • ●単品コンポ譲り、Class Dアンプ採用の優れもの
    高効率で高音質なClass Dアンプを採用し、入力段からパワーアンプ部まで信号劣化の少ないデジタル伝送することで、薄型化とクオリティを両立させました。さらに、オンキヨーの音質に対するこだわりを実現するためにエンジニアが徹底的に試聴を繰り返しながら部品選定やチューニングを行いました。Class Dアンプの電源部にはオーディオ電源用として、オンキヨーカスタムコンデンサーを採用し豊かな低域とボーカルのふくよかさを再現。ノイズ対策と音質対策を両立させるため、パワーアンプ部と電源部をトータルで自社設計するとともに、最適なフィルターや6層のデジタルメイン基板の採用などノイズ対策も万全に行うなど、長年のノウハウを注ぎ込み、単品オーディオクオリティを確保しつつ、各チャンネル80Wのハイパワーを実現しています。
    ONKYOホームシアター

  • ●自動で最適な視聴環境へ調整 AccuEQ機能
    付属の測定用マイクを使い、自動的にスピーカーの数、音量レベルの調整、各スピーカーの最適なクロスオーバー周波数、および視聴位置からの距離を測定し、最適なセッティングへ調整します。また、部屋の中のさまざまな環境により生じる音のひずみを補正しますので、クリアでバランスのよい音を楽しめます。
    ONKYOホームシアター

  • ●スマートフォンから簡単操作
    ユーザーインターフェースとしての機能を向上させ、使い勝手が良くなった新コントロールアプリ 「Onkyo Controller」に対応。お手持ちのiPhoneやAndroid OS搭載のスマートフォンからBASE-V60を 操作することができます。
    ※App StoreではiPhone版専用アプリ「Onkyo Controller」、Google PlayではAndroid OS版 「Onkyo Controller for Android」が無償でダウンロードいただけます。
    ※AVレシーバー部が無線LANルーターと接続されていることが必要です。
    ONKYOホームシアター

  • ●TVのリモコンでシステム連動が可能な「RIHD」
    最先端のインターフェースHDMI端子を活用した「RIHD」(HDMI CEC)機能により、最新のTVとのシステム連動を 実現。TV音声の消音、ホームシアター 機器の電源ON、ボリューム操作などがTVのリモコンひとつで操作可能です。

    ONKYOホームシアター

  • ●小音量でもサラウンドを楽しめる
    劇場での迫力ある再生を想定した映画音声を、音量に制約がある夜間のリビングなどでそのまま再生する場合、 セリフや細やかな環境音などが聴き取りにくくなる場合があります。BASE-V60は小音量でも豊かな音質を実現する オプティマムゲイン・ボリュームをはじめ、小さなレベルの音を自動補正するレイトナイト機能※、 周囲の目を気にせずに、コンテンツが繰り広げる世界を存分に堪能できます。
    ※ドルビーデジタル、ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrueHD

  • ●Wi-Fiを使ってワイヤレスで音楽やネットラジオを楽しめる
    Air Play※1やChromecast※2により、スマートフォン、タブレット、PCなどに保存した楽曲を ワイヤレスで再生することができます。さらに、インターネットラジオ※3やRadikoに対応しており、国内外の インターネットラジオ放送局の番組をいつでも楽しめます。radiko.jpプレミアム※4にも対応しているので、 配信エリア外の全国の放送局も楽しむことができます。 音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」にも対応しました。(アップデート)

    ONKYOホームシアター ONKYOホームシアター

    ※1:Apple社の「AirPlay」を使用するためには、本機がLAN接続され、またワイヤレス演奏を楽しむためには 無線LAN環境となっていることが必要です。AirPlayは、iOS4.3.3以降を搭載したiPhone/iPad/iPod touch、OS X Mountain Lion搭載の Mac、およびiTunes10.2.2以降を搭載したMac/パソコンに対応しています。
    ※2:ファームウェアアップデートにより対応。(2017年4月28日対応済)
    ※3:インターネットラジオを聴くには、インターネットサービスを提供しているプロバイダーとの契約・料金が 別途必要です。
    ※4:radiko.jpプレミアムには会員登録(有料)が必要です。聴取できるのは「radiko.jpプレミアム (エリアフリー聴取)」参加放送局に限ります。
    ※5:ファームウェアアップデートにより対応。(2017年8月31日対応済)

  • ●DTS Play-Fi対応※
    スマートフォンなどにインストールしたDTS Play-Fiアプリから手軽に端末内やDTS Play-Fi対応サービスの楽曲を 手軽にBASE-V60に送信してお楽しみ頂けます。
    ※アップデート対応になります。(2017/8/1対応済)
    ONKYOホームシアター

  • ●様々なハイレゾ音源を楽しめる
    DSD 5.6MHzをはじめ、FLAC、AIFF、ALAC、WAVの192kHz/24bitなど、さまざまなフォーマットに対応し、 情報量豊かなハイレゾ音源を幅広く楽しむことができます。
    ONKYOホームシアター

  • ●4K & HDR映像対応
    HDCP2.2に準拠した4K映像対応のHDMI端子を装備し、最新の4Kテレビとの組み合わせもお楽しみいただけます。 また、通常のハイビジョン画質を4Kグレード画質にするアップスケール機能や最新のUltra HDブルーレイで採用 された高画質技術HDRに対応しています。


  • ※本ページ情報はメーカーサイトより抜粋しております。詳細はメーカーサイトをご参照ください。

    [製品詳細オフィシャルページ] ONKYO

主な仕様
  • 型式|BASE-V60(B)

  • <アンプ部の仕様>
  • |パワーアンプch数|6ch
  • |定格出力|各チャンネル80W(4Ω、1kHz、THD+N 1%以下、1ch駆動時 (非同時駆動)、JEITA)
  • |実用最大出力|各チャンネル80W(4Ω、1kHz、1ch駆動時 (非同時駆動)、JEITA)
  • |ClassDアンプ|○
  • |ダイナミックオーディオアンプ|−
  • |フロントスピーカー バイアンプ接続対応|−
  • |入力感度/インピーダンス|LINE:200mV/47kΩ、PHONO MM:6 mV/ 47 kΩ
  • |周波数特性|10Hz〜40Hz(+1dB、-3dB)
  • |SN比|80dB(LINE、IHF-A)、70dB(PHONO MM、IHF-A)
  • |トーンコントロール最大変化量|BASS:±10dB(90Hz時)、TREBLE:±10dB(7.5kHz時)
  • |スピーカー適応インピーダンス|4〜8Ω

  • <チューナー部の仕様>
  • |FMチューナー部受信範囲|76.0MHz〜95.0MHz
  • |AMチューナー部受信範囲|−
  • |プリセットチャンネル数|40

  • <信号処理・デコーダーの仕様>
  • |DTS|DTS、DTS-HD High Resolution Audio、DTS-HD Master Audio、DTS Express、DTS:X(アップデート後)、DTS 96/24 、DTS-ES Matrix、DTS-ES Discreat、DTS Neural:X(アップデート後)
  • |ドルビー|Dolby Digital、Dolby Digital Plus、Dolby True HD、Dolby Atmos(アップデート後)、Dolby Surround (アップデート後)
  • |Direct モード|○
  • |Pure Audio モード|○
  • |オンキヨーオリジナル DSPリスニングモード|オーケストラ、アンプラグド、スタジオ ミックス、テレビロジック、ゲーム RPG、ゲーム アクション、ゲーム ロック、ゲーム スポーツ、オールチャンネルステレオ、フルモノ 、モノ、マルチch
    (※リスニングモードをお楽しみいただくには、別売りのセンタースピーカーやサラウンドスピーカーの接続が必要な場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。)
  • |Theater-Dimensional|○
  • |AAC|○
  • |シネマフィルター機能|○
  • |レイトナイト機能|○
  • |ミュージックオプティマイザー|○
  • |D/Aコンバーター|384 kHz/32bit
  • |DSP|シーラスロジッククアッドコアDSP×1
  • |VLSC|−
  • |A/Vシンクコントロール|○
  • |トーンコントロール|BASS、TREBLE

  • <接続の仕様>
  • |HDMI|
     ・HDMI 端子|HDMI 端子 入力×4、出力×1  4K/60P対応
     ・3D対応|○
     ・ARC対応|○
     ・HDMIスルー|○
     ・4Kスルー|○
     ・HDCP2.2|○ (入力×4、出力×1)
     ・コンポジット/コンポーネント入力信号HDMI出力|−
  • |映像入力|
     ・コンポーネント|−
     ・コンポジット|−
  • |映像出力|
     ・コンポーネント|−
     ・コンポジット|−
  • |音声入力|
     ・デジタル※1|光×1、同軸×1
     ・アナログ|入力×2
     ・マルチチャンネル|−
     ・PHONO|1(MMカートリッジ対応)
  • |音声出力|
     ・デジタル|−
     ・アナログラインアウト|−
     ・サブウーファープリアウト|1
     ・マルチチャンネルプリアウト|−
     ・ヘッドホン端子 1
  • |スピーカー出力端子(実使用数)|6
  • |USB端子|フロント×1※2
  • |RS-232|−
  • |IR入力|−
  • |12Vトリガー出力|−
  • |LAN端子|1
  • |RIHD|○
  • |マルチルーム対応|−
  • |ネットワーク対応|radiko.jp、TuneIn、AirPlay、Chromecast(アップデート対応)
  • |ワイヤレスネットワーク対応|○
  • |Bluetooth®対応|○※8

  • <USB部の仕様>
  • |USBメモリー再生|○※2
  • |iPodなどとのUSBケーブル接続再生|−
  • |PCとのUSB接続|−

  • <ネットワーク部の仕様>
  • |有線LAN|10BASE-T/100BASE-TX
  • |無線LAN 対応規格|IEEE 802.11 a/b/g/n 準拠(Wi-Fi準拠)
  • |ラジオ周波数|5GHz/2.4 GHz

  • <Bluetooth部の仕様>
  • |通信システム|Bluetoothバージョン 4.1/4.0OLE
  • |最大通信範囲 見通し線|約15 m※3
  • |周波数帯域|2.4 GHz 帯域(2.402 GHz -2.480 GHz)
  • |変調方式|FHSS(周波数ホッピングスペクトラム拡散)
  • |対応プロファイル|A2DP 1.2(Advanced Audio Distribution Profile)、AVRCP 1.3(Audio Video Remote Control Profile) HOGP-Host(Client)、HOGP-HID Device(Server)、HID Service(HIDS)
  • |対応コーデック|SBC、AAC
  • |伝送範囲|(A2DP) 20 Hz - 20,000 Hz(サンプリング周波数44.1 kHz)

  • <その他の仕様>
  • |Quickセットアップメニュー|○
  • |Onkyo Controller(iPod touch/iPhone用)対応|○
  • |Onkyo Controller for Android対応|○
  • |スピーカー自動初期設定|AccuEQ Room Calibration
  • |イネーブルドスピーカー調整|−
  • |フロントアルミパネル採用|−
  • |アルミボリュームつまみ採用|−
  • |ACインレット|−
  • |電源・電圧|AC100V・50/60Hz
  • |最大外形寸法|幅435×高さ70×奥行き325.5mm
  • |質量|4.0kg
  • |消費電力|60W(電気用品安全法技術基準)
  • |無音時消費電力|16W
  • |待機時電力|0.2W
  • |付属品|リモコン、測定用マイク、FM室内アンテナ、他

  • ※1 光および同軸端子から入力できるPCM信号は32/44.1/48/88.2/96kHz、16/20/24bitです。
    ※2 USB端子について:(1)USBメモリーはNTFSおよびFAT16、FAT32に対応しています。(2)セキュリティ機能付きのUSBメモリーは使用できません。セキュリティ機能をはずし、通常のUSBメモリーとして動作可能な場合は使用できます。(3)USBメモリーは各メーカーで仕様が異なりますので、すべてのUSBメモリーで動作を保証することはできません。(4)USBハブは使用できません。(5)USBメモリー内の著作権保護された音声ファイルは本機では再生できません。
    ※3 実際の通信範囲は機器間の障害物、電子レンジの電磁波、静電気、コードレスフォン、受信感度、アンテナの性能、操作システム、アプリケーションソフトウェアなどの影響により異なります。
    ※4 一部再生できないファイルがあります。本機ディスプレイへの表示は半角英数文字のみとなります。USB接続の場合、書込速度の速いUSBメモリーをお使いの上、USBメモリーのセキュリティ機能は解除してください。また対応サンプリングレート88.2kHz以上およびDSDの無線LAN経由での再生には対応していません。
    ※5 著作権保護されたファイルは、再生できないことがあります。またWMA Pro/Voice/Losslessには非対応です。
    ※6 非圧縮のPCMデジタルオーディオを含みます。
    ※7 USB再生のみ。ネットワーク経由での再生には対応していません。
    ※8 Bluetooth通信の制限上、スマートフォンなどに表示される映像に対して音声が遅れて再生される場合があります。
    ※ AVレシーバーのファームウェアは最新のバージョンに更新してご利用ください。

  • <サブウーファーの仕様>
  • |型式|バスレフ型
  • |定格インピーダンス|4Ω
  • |最大入力|80W
  • |定格感度レベル|85dB/W/m
  • |周波数特性|45Hz〜1kHz
  • |キャビネット内容積|13.3リットル
  • |最大外形寸法|幅246×高さ307.5×奥行き314mm
  • |質量|7.3kg
  • |使用スピーカー|16cm OMFコーン型×1
  • |防磁設計(JEITA)|−
  • |付属品|スピーカーケーブル(3m)、コルクスペーサー×4

  • <フロントスピーカーの仕様>
  • |型式|2ウェイ・バスレフ型
  • |定格インピーダンス|6Ω
  • |最大入力|40W
  • |定格感度レベル|81dB/W/m
  • |周波数特性|70Hz〜80kHz
  • |クロスオーバー周波数|8kHz
  • |キャビネット内容積|1.3リットル
  • |最大外形寸法(1台)|幅102×高さ175×奥行き128mm
  • |質量(1台)|1.2kg
  • |ウーファー|8cm N-OMFコーン×1
  • |ツィーター|2cmバランスドーム
  • |ターミナル|プッシュ式
  • |バナナプラグ対応|−
  • |バイワイヤリング対応|−
  • |防磁設計(JEITA)|−
  • |ブラケット/スタンド/壁面取付 ブラケット/スタンド取付用ネジ穴×2(底面60mmピッチ/径5mm/深さ8mm)
  • |付属品 スピーカーケーブル(3m)×2、コルクスペーサー×8、壁掛け金具×2

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません